田原総一朗「メディアも歯切れが悪い『南シナ海』『ロシア』をめぐる難題」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「メディアも歯切れが悪い『南シナ海』『ロシア』をめぐる難題」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
いずれも歯切れが悪かった…(※イメージ)

いずれも歯切れが悪かった…(※イメージ)

 中国の南シナ海問題やロシアのリオデジャネイロ五輪出場問題といった大きな問題に対して、ジャーナリストの田原総一朗氏は日本の新聞報道に疑問を呈する。

*  *  *
 7月26日のどの新聞を読んでも、「うーん」と、首をひねってうなってしまった。どの新聞も、二つの出来事を大きく報じていたが、いずれも歯切れが悪かった。

 一つは、ラオスの首都ビエンチャンで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)外相会議についての報道だ。会議の共同声明作りは紛糾の末、南シナ海での中国の主張を全面的に否定した常設仲裁裁判所の裁定にふれない声明が25日に出された。

 仲裁裁定とは、国連海洋法条約に基づくフィリピンの提訴を受けた仲裁裁判所が、7月12日に南シナ海のほぼ全域を囲い込む中国独自の境界線「九段線」に歴史的権利を主張する法的根拠がないと断定したもの。スプラトリー諸島の人工島に対して排他的経済水域が生じないなどの判断を示した。

 ところが、ASEAN外相会議で、中国の王毅外相は巨額の経済支援で味方につけたカンボジアやラオスなどを通じ、仲裁裁定を共同声明に盛り込むことを拒否させた。王毅外相はビエンチャンに乗り込み、各国に裁定への言及を避けるように働きかけたのだ。共同声明が出た後、王毅外相は「ページはめくられた」と、すでに過去の話になったかのように言い捨てている。

 だが、裁定は国連海洋法条約に基づいて、正当な手続きを経て下された司法判断であり、共同声明がどのようなかたちであろうと、その順守を国際社会が求められるのは当然だ。中国が手前勝手な解釈で、軍事拠点化を続けるのを受け入れることはできない。日中外相会談で、岸田文雄外相が中国側に裁定を受け入れるよう求めたのに対し、王毅外相は「日本は言動を慎むように忠告する。誤りを繰り返すべきではない」と反論した。南シナ海問題で日本は部外者であり、口を挟むなという意味だろうが、聞き入れるわけにはいかない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい