AERA dot.

まるで“恐怖政治” 自民党が密告サイトを開設

このエントリーをはてなブックマークに追加

教師の政治的な発言の“密告”を求めている自民党。狙いは…(※イメージ)

教師の政治的な発言の“密告”を求めている自民党。狙いは…(※イメージ)

戦前回帰「大日本病」の再発

山崎雅弘著
定価:1,944円(税込)

978-4054062856

amazonamazon.co.jp

 何を期待しているのか。恐怖政治さながらだ。

 自民党がホームページで、学校教育で「政治的中立を逸脱するような不適切な事例」として、教師の政治的な発言の“密告”を求めている。「いつ、どこで、だれが」など具体的な情報の記入欄がある。

 党文部科学部会長の木原稔衆院議員はツイッタ―でこう呼び掛ける。

〈18歳の高校生が特定のイデオロギーに染まった結論に導かれる事を危惧してます〉

 一方で、神奈川県の30代教諭は不安そうに語る。

「現場の教師を萎縮させる効果は十分です。いまや、生徒に対してばかりか、職員室でさえ政治の話をしづらい空気になっている」

 当初掲示した文面は中立を逸脱した例示として「子供たちを戦場に送るな」と主張する教員を挙げていた。ネット上で批判され、「安保関連法は廃止にすべき」と例示を書き換え、さらに本音を露呈。その文言も削除するハメになった。

『戦前回帰「大日本病」の再発』などの著書がある、戦史研究家の山崎雅弘氏が厳しい口調で指摘する。

「狙いは、批判的な意見の者を服従させるため、恐怖心を植えつけることです」

 メディアに対し、スポンサーの圧力や放送法をチラつかせたのと同じ手口だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   安倍政権 , 教育 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加