支援区議は半分以下、大物の為書なし 自民党に嫌われた小池百合子の苦戦 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

支援区議は半分以下、大物の為書なし 自民党に嫌われた小池百合子の苦戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

小池百合子氏 (c)朝日新聞社

小池百合子氏 (c)朝日新聞社

 自民党という組織のバックがない厳しい選挙となった元防衛相の小池百合子氏(64)のはちまきは“百合子グリーン”の無地で、「自民党」の文字がすべて消えた。街頭演説ではまず、こう頭を下げた。

「私を応援すると、(自民党は)一族郎党を罰すると。そんな中、応援にかけつけてくださって、心から感謝を申し上げます」

 応援に来た自民党の国会議員は、検事出身の若狭勝衆議院議員だけ。応援の理由を聞くと、本誌にこう説明した。

「僕の政治家としての生き方。女性都知事が誕生すべきなんです」

 小池選対関係者は話す。

「うちの陣営に都知事選を知っている人がほぼいないから怖い状況です」

 応援するのは小池氏の地元の練馬区と豊島区だが、小池選対関係者によれば、自民の区議は半分も残らなかった。大物からの為書もないという。党都連が増田氏以外を応援すれば除名などの対象にするとした“処分文書”が配布されてからは「応援したいけど、党には逆らえない」と、離れていった議員が続出した。

 ところが、日本のこころを大切にする党の鈴木まりこ氏(31)は支持を表明した。党は増田氏を推薦。鈴木氏は先の参議院選挙の東京選挙区に立候補し、約10万票をとった。

「私は自由人と言われてます」(鈴木氏)

 目黒区議を5期務めている、芸能リポーターの須藤甚一郎氏(77)も小池氏を支持する一人。

「今回の候補者の中で、いちばん手を挙げるのが早かった。自民党の都議会があんなやり方では、都民の多くは愛想をつかしているんじゃないの」

 都議会の会派「かがやけTokyo」も、小池氏支援を宣言した。上田令子幹事長はこう語った。

「都議会自民党にセクハラヤジを受けたこともあります。小池さんが都議会自民党をぶっこわしてくれると期待してます」

 小池氏は創価学会婦人部とも親交があり、選対はひそかに「学会票」に期待しているという。公明党は増田氏を推薦しているのに、現実味はあるのか。都内の学会員はこう語る。

「参院選で会員は疲れ気味。党員でない増田氏の応援に本腰を入れることはないでしょう」

 自民党内での支援者数を本誌が直撃すると、「それは国家機密です」と謎のほほ笑みを返した小池氏。

 巻き返しなるか。(本誌・小泉耕平、上田耕司、牧野めぐみ/今西憲之)

週刊朝日  2016年7月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい