とと姉ちゃん 劇中で食べるごはんが美味しいと評判! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

とと姉ちゃん 劇中で食べるごはんが美味しいと評判!

このエントリーをはてなブックマークに追加
俳優秋野暢子あきの・ようこ/1957年、大阪府生まれ。74年、NHK銀河テレビ小説で俳優デビュー。75年、NHK連続テレビ小説「おはようさん」で主役を務め、注目される。ドラマのほか、バラエティー番組など多方面でも活躍。2016年の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では、森田屋の大女将を演じ、話題になった(撮影/植田真紗美、ヘア&メイク/鈴木京子、スタイリング/下平純子、衣装協力/BASE MARK、Perlagione)

俳優秋野暢子
あきの・ようこ/1957年、大阪府生まれ。74年、NHK銀河テレビ小説で俳優デビュー。75年、NHK連続テレビ小説「おはようさん」で主役を務め、注目される。ドラマのほか、バラエティー番組など多方面でも活躍。2016年の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では、森田屋の大女将を演じ、話題になった(撮影/植田真紗美、ヘア&メイク/鈴木京子、スタイリング/下平純子、衣装協力/BASE MARK、Perlagione)

 NHK連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」では「森田屋」の大女将・まつを演じていた秋野暢子さん。きっぷがよく、情に厚い役柄はカッコいい秋野さんにピッタリ。作家・林真理子さんとの対談で、その裏話を教えてくれました。

*  *  * 
林:朝ドラ(「とと姉ちゃん」)では「森田屋」のおばあちゃんのまつさん、大人気でしたね。背が高くてスタイルのいい秋野さんが、背中を丸めておばあさんっぽくなさっていたから、最初は誰だかわからなかったぐらいですよ。

秋野:そんなふうに思っていただいてうれしいです。最初にスタッフの方と打ち合わせしたときに、「誰なのかわからないところから入りたいですね」と言って、メイクやしぐさをつくっていったんですよ。

林:俳優さんってすごいと思いましたよ。チャキチャキしてるんだけど、年をとっている感じがすごく出ていて。

秋野:昨日ワンちゃんの散歩をしていたら、ご近所の自転車屋さんが「秋野さんを見てると、うちのばあちゃん思い出すんだ」っておっしゃるんです。その方、70歳くらいなんですけど。

林:あら(笑)。

秋野:ちょっとうれしかったですね。「祖母を思い出す」「母を思い出す」というコメント、たくさんいただきました。

林:女優さんって、たとえ役であっても老けて見られるのを嫌うって言うじゃないですか。でも、バラエティー番組で若くてきれいな秋野さんの姿を見てるから、「よくここまで化けたなあ」とは思っても、「老けた」とは全く思いませんでしたよ。

秋野:2、3日前に奥多摩のほうにロケに行ったんですが、観光客の方が「あら、まつさん、あなたお若いのね」って(笑)。たくさんの方に見ていただいたという実感がありますね。現場の雰囲気もすごくいいんですよ。

林:ごはんを食べるシーンが多いですよね。新聞の投書欄に、森田屋さんの食事シーン、ちゃんとごあいさつして箸をとるのがすごくいいってありましたよ。

秋野:家長が「いただきます」と言って箸をとって食べ始めるんですけど、あの時代の「いただきます」は、手を合わせないんですね。手を合わせるのは、戦後かららしいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい