AERA dot.

ミッツ・マングローブ「暮らしに安全な王子様・がんちゃん」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

がんちゃんは『当代きっての王子様』(※イメージ)

がんちゃんは『当代きっての王子様』(※イメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌新連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、三代目J Soul Brothersの岩田剛典(いわた・たかのり)さんを取り上げる。

*  *  *
『がんちゃん祭り』が凄いことになっています。スマホのニュースサイトなんかを覗いていると、がんちゃん関連の芸能記事が常にトップ扱いという異常事態。こちら週刊朝日でも、がんちゃんが表紙を飾った6月3日号は、なかなかの売れ行きだったとか。40代オカマの私のところには、祭り囃子(ばやし)も神輿(みこし)の掛け声も聞こえてこないのが不思議ではありますが、とりあえず歳のせいだろうってことにしておきます。

 確かに2年ぐらい前から、20代のタレントやアイドルの女子たちに「今、若者的には誰なの?」と訊けば、「そりゃ、がんちゃんでしょ!」と返ってくるのがお決まりになっていました。彼女たちが実際“がんちゃん”にお熱かどうかは別として、客観性を込めての「がんちゃんで決まり!」という共通認識は、立派な『アイドル現象』と言えるでしょう。九ちゃん、トシちゃん、慎吾ちゃん。昔から、ちゃん付けで呼ばれる男性アイドルは、より“国民的”愛され感が強い印象を受けます。ここまで読んでも「で、がんちゃんって誰?」とお思いの貴方。大丈夫です。私も「がんちゃん」といったら、即座に岩本恭生を思い浮かべるひとりですから。

 がんちゃんというのは、三代目J Soul Brothersのメンバーでらっしゃる岩田剛典さんのこと。名前だけ見ると、キャリア15年ぐらいの若手演歌歌手みたいですが、いわゆる“エグザイルの人”です。そんな「岩(がん)ちゃん」が、とにかく今若者に絶大な人気を誇っている。私が知らなかっただけかもしれないことを、読者の皆さんにも押し付けてみました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   ミッツ・マングローブ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加