AERA dot. 5th anniversary

参院選・泡沫候補から一転、人気に? 元NHK地方局長の“義憤”

このエントリーをはてなブックマークに追加

籾井勝人会長もびっくり!?(※イメージ)

籾井勝人会長もびっくり!?(※イメージ)

 NHKの籾井勝人会長がその場に出くわしたら、目を剥くような光景だろう。

 参院選栃木選挙区。真夏日となった街頭で、野党統一候補の無所属新顔、田野辺隆男氏(56)がワイシャツの袖をたくし上げて熱弁を振るっていた。

「安保関連法は日本が攻められなくても、アメリカに言われれば戦争できる危険な法律だ。テロとの戦いは子や孫の代まで続く」

「残念ながら報道の自由は抑圧されている。マスコミは事実を伝えない。NHKも事実を伝えていない」

 そう声を張り上げる田野辺氏は、NHK出身。地元宇都宮高校から東大を経てNHKへ。湾岸戦争時にはヨルダンなどで取材した。2014年、故郷の栃木で宇都宮放送局長に就任したが、15年12月末で退職した。

 街頭演説での移動の車中、田野辺氏は出馬までの経緯を淡々と語った。

「仕事辞めるのは勇気がいりますから、放送で頑張ろうと思っていました。でも、安倍政権になってからひどすぎるじゃないですか。特定秘密保護法に安保法制、TPP、原発再稼働。自民1強ではなくて安倍1強になって、党内で自浄作用がなくなっている。もう政治を政治家に任せていられなくなりました」

 震災後の福島放送局での原発取材が大きかったというが、最終的に踏ん切りをつけたのは昨年6月、初孫が生まれた日だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   2016参院選 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加