過重労働強要、勤務表も“改ざん”、家宅捜索まで 陸自でパワハラ疑惑 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

過重労働強要、勤務表も“改ざん”、家宅捜索まで 陸自でパワハラ疑惑

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
5月、PKOに派遣された陸自第7師団(東千歳) (c)朝日新聞社

5月、PKOに派遣された陸自第7師団(東千歳) (c)朝日新聞社

 陸上自衛隊で、部下の勤務表改ざん、家宅捜索など“パワハラ”が常態化し、6月に国家賠償請求訴訟が起こされるという。

 衛生学校研究部に所属した元2尉の研究員のA氏(40代男性)は「上司から執拗なパワハラを受け、退職に追い込まれた」として6月にも、国賠訴訟を東京地裁に起こすという。

 A氏によると昨年2月、2佐の元研究部長(当時)から、300ページ以上ある衛生学校の教科書『衛生科諸元』の改訂原稿を、わずか2カ月足らずで書き上げるよう強制的に命じられたという。A氏の証言だ。

「教科書はおよそ10年ぶりの改訂でした。衛生学や医学的データが古くなっているので、相当、書き直さなければなりません。『総務部に異動させてやるから年度内に間に合わせろ』と言って命令してきたのです。教科書の原稿執筆は、最短でも半年くらいかかるものです。与えられた期間は2月2日から3月20日まで。2カ月足らずで完成させるように言われたのです」

 A氏は連日のように残業を強いられたが、3月9日朝8時に出勤すると、いきなり研究部長から「衛生学校長から規律違反の調査を命じられた。これからおまえの自宅を捜索する」と告げられ、自宅アパートを捜索された。

 家宅捜索では私有のノートパソコンやUSBなどが押収され、さらに衛生学校へ戻る道すがら、A氏にこう迫ってきたという。

「これで退職する気になったか。でも、俺たちは辞めろとは言っていないからな。どうするんだ」

 A氏に対する捜査で被疑事実とされたのは、個人所有のUSBを衛生学校の業務用パソコンに接続したことだった。A氏が事の顛末を説明する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい