田原総一朗「民進党よ、『中途半端』をやめて死にものぐるいで戦え」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「民進党よ、『中途半端』をやめて死にものぐるいで戦え」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「民進党よ、失うものはないはずだ」(※イメージ)

「民進党よ、失うものはないはずだ」(※イメージ)

 民主党と維新の党が合流し、野党第1党となる民進党が設立された。自民党への対抗馬となるべき存在だが、本誌で「そこが聞きたい! 田原総一朗のギロン堂」を連載する田原総一朗氏はその中途半端な綱領に辟易しているという。

*  *  *
 3月27日に、民主と維新の両党が合流した民進党が結党大会を開いた。衆参両院で計156人が結集した野党第1党ができたわけだ。だが、前々回で記したように、民進党に対する各新聞の世論調査の結果は、総じて芳しくない。

 たとえば朝日新聞は、民進党に「期待しない」が57%、「期待する」は31%。日経新聞は、「期待しない」が66%、「期待する」は26%。共同通信の調査では「期待しない」が67.8%、「期待する」が26.1%となっている。

 民主党は安倍晋三政権になって以後、安保関連法にもアベノミクスにも批判は行っていたが、対案らしきものは示せていなかった。そして維新の党は大阪勢と分裂して、合流した議員は元民主党だった顔ぶれが多く、鮮度がないのだ。

 だが、せっかく合流したのだから、何とかして自民党に危機感を与える存在になってほしいと、少なからぬ国民が願っているはずである。

 民進党は安保関連法については共産党や社民党と同様に廃案を主張し、対案を示している。たとえば尖閣諸島に中国の漁民の格好をした人間たちが武器を持って上陸した場合、これはいわゆるグレーゾーンで、自民党も明確な対策を打ち出せていない。この場合に、自衛隊が対応できるようにすべきだというのである。地球の裏側まで範囲を広げた重要影響事態法には反対だが、周辺事態法の延長として日本の近辺で戦争が起きた場合には後方支援は行う、としている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい