“ゲスの極み乙武”だけじゃない 有名人の不倫「トンデモ言い訳」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ゲスの極み乙武”だけじゃない 有名人の不倫「トンデモ言い訳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#不倫

乙武洋匡氏 (c)朝日新聞社

乙武洋匡氏 (c)朝日新聞社

“ゲスの極み乙武”なる言葉も生まれた乙武洋匡氏(39)の不倫騒動。HPに妻と連名で謝罪文を掲載して“炎上”。2月に20年不倫を暴露された桂文枝師匠はとにかく家族に平謝り。発覚時の対応次第で、「その後」は大きく左右される。著名人のコメントから、失敗・成功のポイントを、識者とともに見ていこう。

 3月末、晴れて梨園の妻となった藤原紀香の元夫・陣内智則(42)も、2009年、離婚会見で話した。

「私の未熟さ、心の弱さ、家庭を持つという責任を果たせず、浮気をしてしまった。全ては僕の責任です」

 と“平謝り系”。夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、「紀香を守ったところは偉い」と高評価だ。

 3月には、米米クラブの石井竜也(56)とファンとの「東北被災地不倫」も。「自分自身に深く失望しております。なくした勇気と自信を、もう一度取り戻す」。

「曲をつくるだけあって言葉のチョイスがうまい」と上智大学の碓井広義教授(メディア論)は指摘する。見事な麗句と対応の素早さも奏功したが、よその不倫騒動で沈静化。乙武がいるだけで石井の心が強くなったかどうか。

 自身の不始末を、妻も登場させて沈静化を目論む「妻が尻拭い」系も多い。

 11年、ホステスとの議員宿舎不倫が報じられた後藤田正純衆院議員に代わり、「私が至らなかったので、夫に不始末をさせてしまいました」と支援者に謝ってまわったのは妻の水野真紀(46)。夫であるクリントン大統領(当時)の浮気を、ヒラリー・クリントン氏(68)は「右派の陰謀」と言いきってかばった。

 深夜の“現場”を写真誌に報じられた布袋寅泰(54)も、妻によりかかる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   不倫 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加