ヤマザキマリの「イタリア“変人”巨匠案内」 ルネサンス期の巨匠たちの共通点は女性への興味のなさ!?

週刊朝日
 ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、カラヴァッジョ。日本イタリア国交150周年を迎える今春、ルネサンスを代表する画家の名作が続々と来日している。

 17歳で単身イタリア・フィレンツェに渡り、国立アカデミア美術学院で油絵と美術史を学んだ専門家で、ローマを舞台にした「テルマエ・ロマエ」の大ヒットでも知られる漫画家・ヤマザキマリさんが、3人の巨匠たちの愛すべき“変人”ぶりと、イチオシ来日作の楽しみ方を伝授します!

*  *  *
 3人の画家はみな、才能あふれる売れっ子なのに、生涯独身でした。女性に特別な興味がないことは、絵にも如実に現れています(笑)。

 ボッティチェリは、天使やおじさんなど、男性はこれでもかと描き込んでいるのに、女の人の顔にはそこまで力が入っていないのが丸わかり。師匠であるフィリッポ・リッピはマドンナを身近な女性アイドル化して描いた第一人者なのに、彼自身は形式美で描いているところがあります。

 ダ・ヴィンチも、あまり女性を描くのが上手ではない。もう少しきれいに描いてあげればいいのにと思わせられる作品もあります。「モナ・リザ」だって女性的というよりはノージェンダーな仏像みたいですよね。解剖図でさえ、男性の精細なものと比べると、女性のものはとてもいいかげんなんですよ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック