子供の甲状腺がん増加 原発事故との関連は

がん

2016/03/11 11:30

 福島県で子供の甲状腺がんが増加している。チェルノブイリ原発事故では、被曝が原因で事故後4~5年目から一気に増えたといわれる。原発から飛散した放射性ヨウ素は、子供の甲状腺に吸収されやすいからだ。福島はどうなのか。

あわせて読みたい

  • 福島県立医大「甲状腺一斉検査は過剰診断につながる」に異論が続々

    福島県立医大「甲状腺一斉検査は過剰診断につながる」に異論が続々

    週刊朝日

    10/13

    福島県の健康被害の有無 専門家まっ二つ

    福島県の健康被害の有無 専門家まっ二つ

    AERA

    3/11

  • 室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月氏が「ほんと虫酸が走る」と思った相手

    週刊朝日

    2/27

    福島県 子どもの甲状腺追加検査 受け付けない病院が多数

    福島県 子どもの甲状腺追加検査 受け付けない病院が多数

    AERA

    11/13

  • 室井佑月「何を言っても『風評』と言われるのがオチ」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「何を言っても『風評』と言われるのがオチ」

    週刊朝日

    5/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す