AERA dot.

「別の学校行けば」ノートルダム清心で担任が“いじめ”?

このエントリーをはてなブックマークに追加

教室でいったい何が…(※イメージ)

教室でいったい何が…(※イメージ)

 ベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』の著者として知られる渡辺和子・ノートルダム清心学園理事長。そのお膝元の小学校で、担任が男児をいじめていた疑いが浮上した。母親が胸中を語る。

■通学拒否された母子が提訴へ

 小学1年生の教室で、談笑する児童らと離れ、奥の隅っこに置かれた席に独りぼっちで座る男児の姿が映る写真がある。誰の目にも異様に映る光景だ。

「昨年6月に私が教室を覗いたとき、あまりにひどいとショックを受け、思わずケータイで写したのです」

 隔離された男児(7)の母親(38)がそう語る。男児は担任の女性教師から「いじめ」を受けたといい、母親は「あの学校に入学させてこの子の人生を狂わせてしまった」と唇をかむ。

「あの学校」とは、岡山市にあるノートルダム清心女子大学付属小学校。運営する学校法人・ノートルダム清心学園の渡辺和子理事長は、200万部超というベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)の著者としてよく知られている。

 母子は、この「名門」の学校法人、校長、担任を相手取り、総額2420万円の損害賠償を求める訴訟を起こす方針だ。いったい何が起きているのか──。

 男児は、香川県丸亀市在住。同小学校には昨年4月に入学した。瀬戸内海を渡っての遠距離通学だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   出産と子育て をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加