リオ五輪観戦で「ジカ熱」輸入? デング熱騒動再来か (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リオ五輪観戦で「ジカ熱」輸入? デング熱騒動再来か

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
リオデジャネイロ五輪まであと半年と迫るなか、ブラジルから不穏なニュースが飛び込んできた(※イメージ)

リオデジャネイロ五輪まであと半年と迫るなか、ブラジルから不穏なニュースが飛び込んできた(※イメージ)

 リオには、選手や関係者はもちろん、多くの日本人客も観戦に赴く。感染した日本人がウイルスを持ち込めば、一昨年のデング熱どころの騒ぎではない。

 今のところジカ熱の特効薬はなく、防蚊が唯一の身を守る手段だ。日本旅行医学会専務理事で、千駄ケ谷インターナショナルクリニックの篠塚規(ただし)院長は「国から正しい蚊よけの情報が出ていない」と憤る。

「検疫所のチラシに『長袖、長ズボンの着用』とあるが、暑い国に行くのに、それはあり得ない」

 ウイルスを媒介するネッタイシマカなどを防ぐには「ディート」という成分を30%以上含む蚊よけ剤が必要だという。

「ペルメトリンという防虫剤を塗布した衣類も効果は高い。宿泊先はエアコンなどがあって蚊が入らないホテルを選びたい。蚊が入りそうなところで寝るときは蚊帳を使ってほしい」

週刊朝日  2016年2月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい