AIに負ける仕事は公務員事務職、政治家、会計士、金融、記者…

仕事

2016/02/05 07:00

 このように決まりきった画像のパターンを認識する能力はAIのほうがはるかに優れている。決まったパターンと言うと税務や会計も同様だ。

「米国では良い税理ソフトができて税理士の雇用が失われたという事例がある。同様に数値や定型的な文書を扱う会計士もAIに代替されていくでしょう」(駒沢大学の井上智洋専任講師[マクロ経済学])

 都内の投資ファンドに勤務する公認会計士の男性(34)は、「会計士は有価証券報告書など書類をチェックするという単純作業もしていますが、そういった作業はAIに代替されても仕方がない」と言う。

 井上氏はこう予想する。

「数字を扱う金融系の仕事はAIに取って代わられやすい。例えば、日銀総裁はAIのほうがよいかもしれません」

 教育界も例外ではない。

 最近は、ネットを使ったeラーニングや大学などの講座をネットで無料で受けられるMOOC(ムーク)の利用が広がりつつある。

「ただ教えるだけの教員はAIによって淘汰されていくでしょうね。大学教員の大きな特徴は、大教室の中で反応のいい学生を見つけてその学生の表情を見て学生の理解度を把握しながら、もっと易しく言い直そうといった、学生たちに合った授業ができる点です。ところが、それさえもAIは代替できるのです」(前出の松原教授)

 パソコンのカメラを使った画像認識とAIを使うことで、学生一人ひとりに合った授業ができるようになればディスプレーの中の教員で十分ということだ。

 さらに甘利明前大臣のスキャンダルで揺れた国会も不要になる時代が来るかもしれない。政治家の仕事は支持者や役所などとの打ち合わせがほとんどだ。

「政治家は、異なる価値判断の中から限られたリソースを配分することが本来の仕事。AIで価値判断の評価システムができるようになれば、AIが政治家の役割を果たしたほうがよい社会になるでしょう」(同)

(本誌・鳴澤 大、長倉克枝)

週刊朝日 2016年2月12日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「急発達するAIが人間に絶対に勝てない仕事とは」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「急発達するAIが人間に絶対に勝てない仕事とは」

    週刊朝日

    4/1

    10年後もAIに奪われない仕事とは? AIの専門家が将来を予測

    10年後もAIに奪われない仕事とは? AIの専門家が将来を予測

    AERA

    4/3

  • AI時代生き抜く「突破人」を育てる学校

    AI時代生き抜く「突破人」を育てる学校

    AERA

    5/30

    2035年正社員が消える…20年後の「働き方大革命」報告書

    2035年正社員が消える…20年後の「働き方大革命」報告書

    週刊朝日

    9/30

  • コロナの影響で弁護士や政治家が人員過剰に? 消える仕事

    コロナの影響で弁護士や政治家が人員過剰に? 消える仕事

    週刊朝日

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す