革命家の思いは消えた 皇太子に火炎瓶投げた男のその後の人生

沖縄問題

2016/01/31 07:00

 1975年7月17日、皇族として戦後初の沖縄訪問を果たした皇太子夫妻(当時)は、その初日にひめゆりの塔を訪れ、慰霊の献花をした。と、その瞬間、近くのガマ(洞窟)に潜んでいたふたり組の新左翼活動家が現れ、一方が放った火炎瓶が皇太子の近くで燃え上がった──。ノンフィクションライターの三山喬氏は、実行犯と対面し、彼の生きた「その後の40年」を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「陛下の沖縄への思いは本物だった」ひめゆりの塔事件で豆記者が感じた“覚悟”

    「陛下の沖縄への思いは本物だった」ひめゆりの塔事件で豆記者が感じた“覚悟”

    週刊朝日

    4/30

    新時代の皇室を占うキーワードは? 「平成」という時代から考える

    新時代の皇室を占うキーワードは? 「平成」という時代から考える

    AERA

    3/10

  • 幻となった昭和天皇の沖縄訪問 その心中を元側近が証言

    幻となった昭和天皇の沖縄訪問 その心中を元側近が証言

    週刊朝日

    5/4

    プリンセス不在で皇室グラビアは壊滅危機? 皇室カメラマンの苦労

    プリンセス不在で皇室グラビアは壊滅危機? 皇室カメラマンの苦労

    週刊朝日

    7/12

  • 全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    全共闘世代は「逃げ切り世代」なのか? 年収1000万円以上もズラリ… 重信房子氏ら元学生運動家にアンケート

    dot.

    6/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す