世界同時株安で底なし GPIF年金運用損で“16兆円”が吹っ飛ぶ

2016/01/28 07:00

 兜町から悲鳴が連日、やまない。日経平均株価は年明けからほぼ下がり続け、1月21日の終値は昨年末と比べて約3千円安の1万6017円の安値を付けた。その後、急反発したものの、予断を許さない状況が続く。

あわせて読みたい

  • GPIFの“素人賭博運用”でアベノミクスと共に沈む年金

    GPIFの“素人賭博運用”でアベノミクスと共に沈む年金

    週刊朝日

    9/4

    日経平均爆上げ 「官製相場」は投資チャンス!?

    日経平均爆上げ 「官製相場」は投資チャンス!?

    週刊朝日

    11/3

  • 老後の蓄えが「人質」に…アベノミクス株高の代償

    老後の蓄えが「人質」に…アベノミクス株高の代償

    AERA

    1/15

    市場は塩崎厚生労働相に期待?「株価つり上げ」は今後どうなる

    市場は塩崎厚生労働相に期待?「株価つり上げ」は今後どうなる

    週刊朝日

    9/11

  • 内閣官房参与・浜田宏一が安倍政権へ警告「損のリスクも国民に説明を」

    内閣官房参与・浜田宏一が安倍政権へ警告「損のリスクも国民に説明を」

    週刊朝日

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す