花束まで届いた葛西臨海水族園 生き残りマグロの今 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花束まで届いた葛西臨海水族園 生き残りマグロの今

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ありし日のマグロたち(写真はイメージ)

ありし日のマグロたち(写真はイメージ)

 マグロのナゾの大量死と、生き残った“奇跡の1匹”が話題になった東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)。6月に77匹の仲間を投入したが、その後どうなったか。

 12月中旬、記者が訪ねると、巨大水槽に群泳する数十匹のマグロが。その中で、悠々と泳ぐ大きな1匹。奇跡の“ど根性”マグロは今も生きていた。

 同園副園長で“東京都の生き物係”こと錦織一臣さんは2015年を「驚きの一年だった」と振り返る。

「水族館は動物園と違って魚の寿命が比較的短いものが多く、環境がほんの少し変わるだけでも弱る。弱った魚はほかの魚に食べられることもあり、展示する魚の死は日常的なんです。種類によっては1年後に水槽内の魚がすべて入れ替わることもあります」

 つまり「魚の死」は身近なものだっただけに、報道の過熱ぶりと周りの反応に驚いたという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい