「客が1.5倍増えた」年末ジャンボ10億円のド迫力! 中国語の案内も (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「客が1.5倍増えた」年末ジャンボ10億円のド迫力! 中国語の案内も

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
チャンスセンターには長蛇の列が…

チャンスセンターには長蛇の列が…

 年末ジャンボ宝くじが、いつになく熱い。1等、前後賞あわせた賞金額が前年より3億円増え、10億円に引き上げられたからだ。

 高額の当たりくじが数多く出る「西銀座チャンスセンター」(東京都中央区)を訪ねた。まだ薄暗い午前6時すぎ、先頭に並んだ神奈川県川崎市のペンキ業を営む男性(71)は、

「きょうは仕事を休みにして夢を買いに来ました。この売り場からは毎年1等が出ていると聞く。ここで買ったから当たるというわけではないのはわかっているが、どこかに当たりが潜んでいるはずだから」

 10億円は史上最高額で、1等は27本、前後賞は54本。1等の当選確率は下がったが、客への還元率はほぼ同じという。

「10億円効果は絶大ですね。お客さんの数は昨年より1.5倍くらい増えました」

 同店の後藤義久店長(62)は語る。

 後藤店長によれば、同店では昨年の年末ジャンボで、連番買いでの賞金7億円が1セット、バラ買いで1等5億円が1本、前後賞1億円が2本出たと見られる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい