巨人・高橋新監督 最初の難題は不振続く阿部の起用法? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・高橋新監督 最初の難題は不振続く阿部の起用法?

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習を見守る巨人の高橋由伸監督(10月28日) (c)朝日新聞社

川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習を見守る巨人の高橋由伸監督(10月28日) (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、巨人には新監督に就任した高橋由伸氏が自由に指揮を取れるように配慮して欲しいという。

*  *  *
 巨人の新監督に高橋由伸が就任した。巨人の監督で「引退即就任」は長嶋茂雄さん以来という。現役への未練を断ち切って就任要請を受けた。立派という言葉が陳腐に思えるくらい、重たい決断だったと思うよ。

 数多くのプロ野球選手がいる中で、監督は年に12人しかできない。さまざまな条件がそろわなければ実現しない。いくら自分がやりたいと思っても、球団から求められなければできない。受け身だよな。

 今回の巨人の場合、福田、笠原らの野球賭博問題を受け、チームをクリーンにしなければならない。原監督が積み上げた戦力に新しい息吹を吹き込む必要がある。しかも、巨人一筋の生え抜きの人材となったら、由伸しかいなかった。

 40歳での就任。若き指揮官をどんな人間がサポートするか。コーチングスタッフに注目したい。由伸は今年、コーチ兼任だったとはいえ、采配の引き出しは、これから作っていくことになる。その礎となる1年目は、まず経験豊富なコーチ陣で固める必要があると思ったからだ。

 由伸の意向がどこまで働いたかはわからないが、打撃コーチにベテランの内田順三さん、投手コーチには横浜(現DeNA)の監督経験がある尾花高夫を据えた。いずれも2軍コーチから引き上げられた。ヘッドコーチには原政権を支えてきた村田真一が就任。ベテランをそろえたのは正解だな。由伸は野手出身だから、投手交代はほぼ尾花に任せるだろう。内田さん、尾花ともに2軍選手を今年見てきたので、若手起用に迷いはないはずだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい