AERA dot.

分裂山口組の「名簿」流出 勢力争いの行方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

勢力争いの行方は?(※イメージ)

勢力争いの行方は?(※イメージ)

 分裂状態の「6代目山口組」と「神戸山口組」は、双方が相手組織の切り崩しと組員の奪い合いを続けている。本誌は、その一端を示す「移籍者リスト」を独自に入手した。

 入手したリストには、100人超の組員の氏名がずらりと並ぶ。もともと所属していた組の名称、役職、年齢、移籍後の組の名称なども記されている。

 リストを提供した人物はこう話した。

「分裂後、神戸山口組から6代目山口組に復帰した組員のリストだ。6代目山口組の本部から、親交のある団体に送られたもので、このリスト作成後も、組員の移籍は続いている」

 そう、リストは神戸山口組のどこの組から、6代目山口組のどこの組へ移籍したかがわかるようになっているのだ。

 暴力団に詳しいジャーナリストの溝口敦氏にも解説を願った。

「6代目山口組が、『神戸山口組の中心的組織である山健組などからこれだけ人をぶんどったよ』ということを示す名簿ですね。これの元となる資料があって、組関係者や警察が整理し直した可能性もある」

 リストだけを見れば、6代目山口組の切り崩し作戦が成功しているように見える。が、溝口氏は言う。

「どちらが優勢なのかは、まだわからない。ただ、これからは神戸山口組の方が人気が出そうだ」

 山口組が分裂した要因の一つに、直系組長が本部に毎月納める会費が高額すぎるとの不満があった。

「暴力団も不景気ですから、会費は小さな問題ではない。6代目の司忍(本名=篠田建市)組長になってから、直系組長の納める金額は値上げされ、毎月115万円を課せられた。盆、暮れ、誕生祝いにも金を要求され、年間約3千万円を上納させられていた」

 一方、神戸山口組の会費は10分の1以下だという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加