信用「ガタ落ち」旭化成株 どこまで下がるか…

2015/10/28 07:00

 茨城県で鬼怒川の堤防が決壊した際、濁流に流されずに残った白い家が何度もテレビに映された。あの家が旭化成のヘーベルハウスだと報じられたとき、社員一同、大いに喜んだだろう。社のブランドイメージもぐっと上がったはずだ。それから1カ月。天国から地獄とはこのことか──。

あわせて読みたい

  • 旭化成 おさまらぬ杭偽装問題 情けないガバナンスで存亡の危機

    旭化成 おさまらぬ杭偽装問題 情けないガバナンスで存亡の危機

    週刊朝日

    11/12

    旭化成建材に責任なすりつけ 「杭偽装問題」元請けの醜態

    旭化成建材に責任なすりつけ 「杭偽装問題」元請けの醜態

    週刊朝日

    11/18

  • マンション傾斜問題「設計者の責任が見逃されてる」の声も

    マンション傾斜問題「設計者の責任が見逃されてる」の声も

    AERA

    10/26

    10年前と同じ道… 2~3年後に「杭偽装倒産」急増の恐れ

    10年前と同じ道… 2~3年後に「杭偽装倒産」急増の恐れ

    AERA

    12/7

  • 完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    完全分離型の2世帯住宅が人気 その理由は高い「相続」の節税効果

    週刊朝日

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す