丸山茂樹がラグビーに嫉妬 ゴルフの弱点は間延び?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

週刊朝日#丸山茂樹
 一挙にブームとなったラグビー。そんな盛り上がりを見て、丸山茂樹氏はゴルフを観戦する上での弱点を分析する。

*  *  *
 米国選抜と世界選抜(欧州を除く)の団体対抗戦「プレジデンツ杯」が10月8~11日、韓国・仁川のジャック・ニクラウスGCで開かれ、米国選抜が6連覇を果たしました。2年前の前回大会に続く2度目の出場となった松山英樹(23)も奮闘したんですけどねぇ。

 アジアで初めて開催されたんですけど、1週間で約10万人ものギャラリーが足を運んだそうですね。まあ、世界選抜でプレーしたベ・サンムン(29)=韓国=がこの試合を最後に兵役に就くという背景があったにせよ、すごい人数ですよね。まあ、あれだけスーパースターが集まってますしね。

 それでもふと思うんです。もし日本で開催されてたとしたら、あそこまでたくさんのお客さんが来てくれたかな、と。やっぱりねえ、日本っていう国はゴルフへの執着心が薄い気がするんです。団体競技じゃないと、あんまり興味ないんじゃないでしょうか。

 そんなことを考えたのも、ラグビーのワールドカップ(W杯)があったからですね、きっと。

 いやあー、日本の戦いぶりに興奮しました。予選リーグで敗退しちゃいましたけど、過去7度のW杯で1勝しかできなかったのが、3勝1敗ですからね。まさにあっぱれですよ。僕もスコットランド戦以外はライブでテレビ観戦しまして、初戦の南アフリカ戦なんかは真夜中に熱狂しちゃいました。

 スコットランド戦だって、中3日じゃなかったら勝ってたんじゃないかと、いまでも思ってますよ。日本のように世界ランキング10位台の「2番手」チームは過酷な日程を強いられるんですってね。厳しい世界ですよ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック