梶田隆章さんノーベル賞受賞で運が良かった雑誌とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梶田隆章さんノーベル賞受賞で運が良かった雑誌とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
考える人 2015年 11 月号Amazonで購入する

考える人 2015年 11 月号
Amazonで購入する

 作家でコラムニストの亀和田武氏は、本誌連載『マガジンの虎』で、今回は季刊誌「考える人」を取り上げた。

*  *  *
 季刊誌「考える人」(新潮社)15年秋号の特集は<宇宙>。運がいい。発売数日後に、梶田隆章さんがニュートリノ研究でノーベル物理学賞に決まった。

 向井万起男さんと村山斉さんの巻頭20ページ対談が、読みごたえたっぷり。村山さんは専門の素粒子物理学から、宇宙の成り立ちに迫る。

 宇宙物理学は証明が難しいですよね、と訊かれた村山さんは「でも、僕らにはタイムマシンがあります。大型望遠鏡で遠くが見える。遠くが見えると、昔が見えてくる。宇宙の昔は本当に見えるので、『あ、ビッグバンやっている』というのが見えるんですよ。百三十八億光年向こうに」。

 不思議だねえ。「今ある宇宙が全体として、あるときは原子核よりも小さかった。目に見えないぐらい小さかった」(村山)。小さい世界の箱の中で素粒子がブンブン運動してたら、箱に少し凸凹ができて、その凸のところにダークマターが介在して(って、よく説明できないんですが)ガスを引っ張って、さらに引っ張り込んで星ができたと。

 向井さんが「前々から気になっていたんですが、ダークマターって日本語で『暗黒物質』ですよね。あれ、訳が間違ってませんかね。ダークマターのダークって、『不思議な』とか『意味不明』だと思うんですけど。暗黒物質は誤解を与えますよ」と迫る。

 でも「暗黒物質はいい人なんです。私たちの生き別れのお母さんなんです」と村山さん。「なるほど。ところで、本当にあるんですか」「ありますね」「本当かなあ(笑)」

 いいでしょ、このやりとりが。もっと根源的な「なぜ宇宙があるのか」という、究極の謎も語られていてスリリングです。

週刊朝日 2015年10月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい