「虐待放置した」10歳女児が児童相談所を提訴した理由

出産と子育て

2015/09/23 07:00

 10歳の女児が、長崎県を訴えた。実母と祖母から虐待を受けたのに、児童相談所が適切な措置を取らなかったとして、慰謝料50万円を求める訴訟を長崎地裁に起こしたのだ。児相にどんな不手際があったのか。

あわせて読みたい

  • 野田市小4女児死亡事件 児童相談所でなく、警察に通報するしか虐待死は救えない

    野田市小4女児死亡事件 児童相談所でなく、警察に通報するしか虐待死は救えない

    AERA

    2/9

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    大阪2児餓死事件の担当職員らが語る「児童相談所の現実」

    AERA

    12/3

  • 虐待で子どもを死なせない大原則「48時間ルール」が守られない 札幌の2歳児衰弱事件でもなおざりにされた背景を検証

    虐待で子どもを死なせない大原則「48時間ルール」が守られない 札幌の2歳児衰弱事件でもなおざりにされた背景を検証

    AERA

    7/11

    児童虐待を防ぐには「おかしいと思ったら、迷わず通告」、専門家呼び掛け

    児童虐待を防ぐには「おかしいと思ったら、迷わず通告」、専門家呼び掛け

    AERA

    6/20

  • 「港区の価値が下がる」の声も…南青山に児童相談所設立で物議

    「港区の価値が下がる」の声も…南青山に児童相談所設立で物議

    AERA

    10/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す