愛之助熱愛 紀香は梨園の妻になれるか? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

愛之助熱愛 紀香は梨園の妻になれるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
紀香バディ!Amazonで購入する

紀香バディ!
Amazonで購入する

 人気歌舞伎俳優・片岡愛之助(43)と俳優・藤原紀香(44)が交際を宣言して注目を集めている。

 2人の交際については、5月下旬に「女性セブン」がデート現場をキャッチして“同棲(どうせい)愛”と報道。当初は双方とも友人関係と強調していたが、8月28日に愛之助が自身のブログで紀香との交際を宣言すると、翌29日には紀香もブログで交際を認めた。

 愛之助といえば、元彼女(カノ)のタレント・熊切あさ美との泥沼の破局劇が話題を呼んだが、芸能プロダクションのマネジャーは語る。

「今回の交際宣言は、先月28日に発売された『フライデー』のデート記事を受けてのものでしょう。2人は『女性セブン』で第一報が伝えられる前から付き合っていた公算が大きい。実際にそういったうわさはあったし、セブンに掲載された仲むつまじい姿を見ると、友人というよりは、明らかに恋人という雰囲気を醸し出していましたからね」

 とはいえ、当時の愛之助は熊切との破局騒動の渦中にあった。

「あの時点で交際を宣言すれば、紀香さんに“略奪愛”というマイナスイメージがつきかねない。愛之助の破局騒動が沈静化したところで交際を宣言する予定だったのでしょうが、フライデーの記事が出るということで、少しタイミングを早めたというのが実情でしょう」(前出のマネジャー)

 紆余曲折を経て、晴れて交際を宣言した2人だが、気になるのは梨園(りえん)が絡む今後の展開だ。

 大阪に自宅がある愛之助は、東京での仕事が終わると、そのまま紀香の自宅マンションに足しげく通っているようで、2人は半同棲状態にある。このままゴールインを果たす可能性も十分。そうなると紀香は歌舞伎界に入ることになるわけだが、果たして紀香に梨園の妻の資質はあるのか?

 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「梨園の妻というと夫を陰ながら支えて裏方に徹するといったイメージがありますが、紀香さんは華やかなイメージがある一方で、男性を立てる古風な一面も持ち合わせています。それに社交性も高く、後援会やタニマチ筋への挨拶回りなどもそつなくこなすでしょう。愛之助さんとの交際前から、観劇に行くなど歌舞伎に対して理解がある部分もプラスに働くのではないでしょうか」

 紀香が梨園の妻としてデビューする日も、そう遠くないかもしれない。

週刊朝日 2015年9月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい