平昌五輪特集

AERA dot.

初先発完敗の西武ドラ1高橋 東尾元監督が球団に疑問

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修

※イメージ

※イメージ

 プロ野球チームにとって勝ち星はもちろん、必要なのが新人育成。ましてやドラフト1位で獲った選手ならなおさらだ。東尾修元監督は、現在の西武の采配に苦言を呈す。

*  *  *
 西武が球団の連敗記録を更新してしまった。36年前の79年。本拠地を所沢に移した新生・西武ライオンズが開幕から喫した12連敗を超えた。当時、私は開幕投手を務めて敗戦投手となった。2度目の登板も敗戦。阪神から田淵幸一氏、ロッテから野村克也氏らを獲得。華々しいメンバーでスタートしたが、戦力バランスはあまり良くなかったなと記憶している。

 タイ記録となった12連敗目(8月2日のソフトバンク戦)に先発したのはドラフト1位ルーキーの高橋光成だった。テレビで見たけど、左肩が三塁方向に入りすぎている。無理やり腰の回転や腕の振りでバランスをとろうとしているが、これでは制球がつきにくい。特に変化球は制球がバラバラだった。

 現場、フロントは1月の新人合同自主トレから、明確な育成方針を持っていたはずだ。その上で、完成度の低い高校生は、どこかのタイミングで悪い部分は修正しなければならない。手取り足取り直せと言っているのではないよ。長所をつぶすことなく、1軍で通用する投手に育てるために、最低限修正を施す必要があるということだ。投球フォームを見ても、1軍で通用するレベルには物足りない部分がある。2軍でどういう育成をしていたのかなと思うよ。コンディションも明らかに悪く見えたよな。

 高橋の登板に首脳陣、フロントは何を期待したのだろう。来季、1軍の先発ローテーションに入れるために、夏場以降に経験を積ませるというのなら、なぜイースタン・リーグの登板から中4日での先発なのか。成績を見ると、7月は2軍で2試合しか投げていない。調子が上がってきていない状況で、投げさせたとしか思えないな。牧田を先発から抑えに配置転換した事情があったとしても、大型連敗の中でバタバタした印象が残ってしまう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   東尾修 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加