かゆくない水虫…自覚症状ない「爪白癬」は治療に1年

病気

2015/07/25 07:00

 爪水虫とも呼ばれる爪白癬(つめはくせん)は、水虫と同じ「白癬菌」が爪の中に入り、爪を変色・変形させる病気だ。水虫同様に感染し、時間が経つほど爪が厚くなって痛みで歩きづらくなることもある。その治療には、一般的な水虫薬とは異なる処方薬が必要だ。

あわせて読みたい

  • 10人に1人が感染の爪水虫 ごしごし洗いでリスク増

    10人に1人が感染の爪水虫 ごしごし洗いでリスク増

    週刊朝日

    7/25

    爪水虫は内服薬で治療 来年は新薬も発売!

    爪水虫は内服薬で治療 来年は新薬も発売!

    週刊朝日

    8/5

  • 素足を出す季節。 “足ケア”でカラダのトラブル回避を!

    素足を出す季節。 “足ケア”でカラダのトラブル回避を!

    tenki.jp

    7/6

    黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

    黒い縦線が出たら要注意! 爪でわかる健康チェック法

    週刊朝日

    9/21

  • 「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「爪のけがを放置していたら、がんだった」 爪が黒くなったときの病気の違いとは?

    dot.

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す