“売れそうな本”が出版業界をダメに? 元書店長が分析

2015/07/03 07:00

 70年代前半から東京堂書店神田神保町店に37年間勤め(2010年に退社)、長く店長だった佐野衛さん(67)。東京堂といえば、独自の棚づくりで知られ、本好きにはたまらない雰囲気に満ちている。佐野さんは戦後の書店について、本の内容の変化が売り場の画一化を招いたというのが持論だ。読者に必要な本を出して時代を啓蒙(けいもう)していくのではなく、出版産業を維持していく必要性が最優先にされてしまったという。インタビュアー・木村俊介さんが取材した。

あわせて読みたい

  • 5匹の猫店員、関連本の驚異的な品ぞろえ “猫の本屋”のノンフィクション

    5匹の猫店員、関連本の驚異的な品ぞろえ “猫の本屋”のノンフィクション

    週刊朝日

    12/22

    リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    リブロ池袋本店は金食い虫? 元店長が閉店理由を分析

    週刊朝日

    8/22

  • 35万部突破のピース又吉 “メロメロ”なファンの言い分

    35万部突破のピース又吉 “メロメロ”なファンの言い分

    週刊朝日

    3/23

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『桜風堂ものがたり』――本を愛する書店員が紡ぐ奇跡の物語

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『桜風堂ものがたり』――本を愛する書店員が紡ぐ奇跡の物語

    BOOKSTAND

    2/13

  • 堀江貴文「本の内容だけで売れる時代じゃないよね」

    堀江貴文「本の内容だけで売れる時代じゃないよね」

    週刊朝日

    6/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す