武井咲 デビュー時に“年齢差別”された? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

武井咲 デビュー時に“年齢差別”された?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 内館牧子脚本のドラマ「エイジハラスメント」では、旧態依然とした会社で年齢差別に立ち向かうヒロインを演じる。

 15歳で俳優デビューした武井咲自身も、若さゆえに「エイジハラスメント」を感じたことがあるという。

「今思うと反抗的だったんですが、仕事をしている中で『子どもだから疲れないよね』とか言われたりすると、いや、子どもでも疲れるし(笑)、みたいなことはありましたね」

 まだ21歳。だが、取材中に口にした言葉からは、プロとしての「意志」の強さが滲み出る。

「仕事を真面目にやっていれば、自分の考えも生まれる。それを伝えることで、よりよくなるのであれば、伝えたいですね。やっぱり、仕事が好きなので」

 オンとオフは、「完全に切り替える派」だ。昔から海が好き。プライベートでもよく訪れる。最近、小型船舶操縦免許を取ったという。

「ゆくゆくは、大型の免許も取りたいですね」

週刊朝日  2015年7月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい