松岡修造の娘が「ポジティブすぎて…」と父に嘆き (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松岡修造の娘が「ポジティブすぎて…」と父に嘆き

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
(日めくり)まいにち、修造!Amazonで購入する

(日めくり)まいにち、修造!
Amazonで購入する

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「中居正広の金曜日のスマたちへ」(TBS系 金曜21:00~)に出演した松岡修造と視聴者の距離感についてこう解説する。

*  *  *
 踊る松岡修造。「金スマ」で放送された、シャッター商店街を笑顔に変えるミュージカルだ。さすが宝塚歌劇団創始者のひ孫という、歌&ダンスのこなれっぷり。

「心のシャッター開けようガラガラララ~♪」

 もし修造フラッシュモブとかあったら、一瞬でその場が焼け野原になる。そんな灼熱のポジティブレベルなのだ。番組内でも、惜しみなく繰り出される修造スマッシュの数々。

「今日から君は噴水だ! 出しきってる!(水を)」

「暑い時は、寒いと言え!」

「一番だ! 日本一になるって言ったよな!? 今日から君は……富士山だ!!」

 修造いわく、現役時代、ガラスのエースと言われ、そんな弱いメンタルの自分を奮い立たせようと、自ら作り上げたこのメソッド。

 ボンボン護摩木たいてジャンジャン炎あげる宗教はあるけれど、むしろ教祖自身が燃え上がってますから。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい