杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

杏と結婚できた? 鈴木亮平「ごちそうさん」不合格を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動)Amazonで購入する

鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動)
Amazonで購入する

 朝ドラ「花子とアン」の“英治(えいじ)さん”で一躍人気者になった鈴木亮平さん。作家・林真理子さんとの対談では、そのオーディションの様子を明かした。

*  *  *
林:鈴木さんは朝ドラ「花子とアン」の村岡英治さんの印象が強いですが、ファンの方もそのイメージからそろそろ離れてきた感じですか。

鈴木:半々ぐらいですね。ブログにいただくコメントを見ると、「英治さんがいちばん好きです」という方もいますし、「天皇の料理番」の印象になっている方も多いみたいです。

林:脚本の中園ミホさんがテレビで言ってたけど、オーディションで鈴木さんが部屋に入ってきたとき、「この人だ!」と思ったそうですね。

鈴木:そこは僕、ちょっとわからないですけど。

林:朝ドラのああいう大きな役って、すごい倍率なんでしょうね。

鈴木:プロの役者が500人以上は受けていたと聞いています。1次の書類審査を入れたらもっとでしょうね。

林:一人ずつプロデューサーの人が面接をするんですか。

鈴木:最終までは団体ですね。5人ずつとか部屋に入って、自己紹介して課題の演技をするんです。4次の最終で、初めて中園さんもいらっしゃいました。

林:朝ドラのオーディションは、何度も受けたんですか。

鈴木:もう7回目ぐらいでした。「ごちそうさん」も受けたんです。

林:受かっていたら東出(昌大)さんの役をやって、杏さんのご主人になってたかもしれないんですね。名実ともに(笑)。

鈴木:アハハハ、そうですね。落ちたときは悔しかったですよ。「また落ちたか」と思って。

週刊朝日 2015年6月12日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい