酵母が生んだきめ細かい泡の「キザンスパークリング」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

酵母が生んだきめ細かい泡の「キザンスパークリング」

このエントリーをはてなブックマークに追加
キザンスパークリング・トラディショナル・ブリュットAmazonで購入する

キザンスパークリング・トラディショナル・ブリュット
Amazonで購入する

 絶え間なく立ちのぼる気泡とジャスミンの香り、そしてまったりとした味わい。

「キザンスパークリング トラディショナルブリュット」は機山洋酒工業の土屋幸三さんが地元の甲州ブドウで造った。彼は甲州ブドウを使った発泡酒造りの先駆者だ。

 土屋さんは、「家族や夫婦、友人同士のお祝いなど日常のちょっとしたハレの場でこそ、上質なお酒を飲んでほしい」と考えてきた。

 そのために、シャンパンの本場である仏シャンパーニュ地方の伝統的な製法を選んだ。一本一本の瓶の中で発酵を進めて、酵母が生むガスをワインに封じ込めていく製法である。ワインにガスを注入して発泡させる方法より費用も時間もかかる。しかし、手間の分だけ泡はきめ細かくなり、口当たりは格段に柔らかくなる。

「香りや味わいの第一印象を強くすることよりも、飲み進めるほどに果実味が増すことを大切にしています」(土屋さん)

 家庭の食卓で、開けてほしい一本だ。

週刊朝日 2015年5月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい