遺体埋められた船橋18歳少女 通った歓楽街の“落とし穴” (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

遺体埋められた船橋18歳少女 通った歓楽街の“落とし穴”

週刊朝日
遺体が埋められていた現場付近を調べる警察官ら (c)朝日新聞社 

遺体が埋められていた現場付近を調べる警察官ら (c)朝日新聞社 

「遺体を埋めた──」

 千葉県船橋市の野口愛永(まなえ)さん(18)が行方不明になった事件で、監禁容疑で逮捕されていた男の供述どおり、野口さんの遺体が4月24日、同県芝山町の畑で発見された。地中から見つかった遺体は服を着たまま、仰向けで足を曲げた状態だった。

 千葉県警に逮捕されたのは、鉄筋工の少年(16)、アルバイトの少女(18)、住所不定、無職の中野翔太容疑者(20)と井出裕輝容疑者(20)。4人は19日午後10時半ごろ、千葉市中央区の路上で友人と歩いていた野口さんを乗用車の後部座席に乗せ、約3時間、監禁したという。

 一体、何が起きたのか。

 野口さんは船橋市の実家で、両親と2人の妹と暮らしていた。近所の男性はこう言う。

「普通の明るい子だった。小学校の時には愛永ちゃんが空手を始めてすごく上手だと聞きました」

 中学時代の同級生だった女性は、こう話す。

「愛永は中学の時は美術部で、学校が厳しかったから髪も染めてはいなかった」

 ところが、中学を卒業してから、目に見えて変化があったという。

「高校を1年で中退してから、服装がどんどん派手になったんです。ツイッターで彼氏の写真をよくアップしていたけれど、年上の20歳くらいの人とか、次々と変わった。人付き合いはあまりよくなかったけど、本当に仲のいい人とは親しくしていた」(同級生の女性)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい