4年半で215人…日本で臓器提供者が増えない理由

2015/03/17 07:00

 大切な肉親を見送ることになった際、その臓器が誰かの体で生き続けることを選択する家族がいる。臓器移植には親族など生体ドナーから受ける場合と、脳死や心臓死のドナーから受ける場合があるが、今回は後者について考えたい。

あわせて読みたい

  • 海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    海外での臓器移植 “手付金”高騰に「なぜ」の声

    週刊朝日

    3/17

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    心臓移植の希望者は増加 患者支える医療の進歩と延びゆく待機期間の葛藤

    AERA

    2/27

  • 心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    心停止下の臓器提供が激減! 法改正で移植医療が危機的状況に

    週刊朝日

    4/7

    移植医療

    移植医療

    週刊朝日

    7/9

  • ブタの心臓移植は「子ども」に大きなメリットも 心臓移植の第一人者が語る可能性

    ブタの心臓移植は「子ども」に大きなメリットも 心臓移植の第一人者が語る可能性

    AERA

    2/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す