島民17人なのに猫は100匹! 日本屈指の「猫島」とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

島民17人なのに猫は100匹! 日本屈指の「猫島」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)撮影/岩合光昭 

(c)撮影/岩合光昭 

 動物写真家の岩合光昭さんの、日本全国47都道府県の猫たちを訪ねる旅。今回は日本屈指の猫島、愛媛県の青島を訪ねた。

*  *  *
 見渡す限り、猫一色。猫密度の高いこの場所は一体──。

 愛媛県西部の長浜港から約13キロ、瀬戸内海にぽつりと浮かぶ青島は、島民17人に対し約100匹の猫がすむ。各地の「猫島」の中でも屈指の猫密度を誇る。

 猫が増えたのは5年ほど前から。1955年ごろには約800人が住んでいたこの島も、過疎化に伴い人口が減少。その一方で猫は増え続け、人の数を上回ったという。島に着くと、にゃんとも贅沢な総勢50匹の猫のお出迎え。島民の方々のやさしさと困惑に思いを馳せる。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日 2015年2月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい