織本順吉「2.1ストを中止させたアメリカはすごいと感じた」

2015/01/20 07:00

 俳優の織本順吉(おりもと・じゅんきち)さん(87)は戦後、労働運動や共産党の活動が活発化していく時代の渦に巻き込まれながらも、俳優として、普通に生きる人々を演じ続けてきた。織本さんは昭和を振り返り、こう語った。

あわせて読みたい

  • 「正社員は守られているは誤解」IBM解雇男性の戦い方

    「正社員は守られているは誤解」IBM解雇男性の戦い方

    週刊朝日

    6/22

    初の「連合」女性会長、「制服のリボンとベルト」が組合活動の原点?

    初の「連合」女性会長、「制服のリボンとベルト」が組合活動の原点?

    AERA

    10/30

  • 「ガラスの天井」破った「連合」初の女性会長 悔し涙流した先輩を思い「ここで断ったらお叱りを受ける」

    「ガラスの天井」破った「連合」初の女性会長 悔し涙流した先輩を思い「ここで断ったらお叱りを受ける」

    AERA

    10/30

    「俺たちが稼いだカネで生きていくんでしょ」 現場やOBに聞いた東芝の“混迷”

    「俺たちが稼いだカネで生きていくんでしょ」 現場やOBに聞いた東芝の“混迷”

    AERA

    4/13

  • 「残業代を払わない?ふざけんな!」 繊維産業で働く女性たちを描いた映画「メイド・イン・バングラデシュ」

    「残業代を払わない?ふざけんな!」 繊維産業で働く女性たちを描いた映画「メイド・イン・バングラデシュ」

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す