「日本エレキテル連合」もやはり一発屋で終わってしまうのか? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「日本エレキテル連合」もやはり一発屋で終わってしまうのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
日本エレキテル連合 (c)朝日新聞社 

日本エレキテル連合 (c)朝日新聞社 

「ダメよ~ダメダメ」でユーキャン新語・流行語大賞(2014年)に輝くなど14年にブレークしたのが女性お笑いコンビ「日本エレキテル連合」だ。

「流行語大賞は『STAP細胞はあります』や『号泣会見』『ゴーストライター』などネガティブな言葉は選ばれにくい。最近は公の場に登場することにメリットのあるお笑い芸人、政治家絡みのフレーズが選ばれる傾向がある」(マスコミ関係者)

 ただし、芸人たちにとってはありがたくないジンクスもある。

「12年に『ワイルドだろぉ』で受賞したスギちゃんしかり、08年に『グ~!』で受賞したエド・はるみしかり、03年に『なんでだろう~』で受賞したテツandトモしかり、同賞の年間大賞を獲得した芸人は、受賞時がピークといわんばかりに、その後は“一発屋”なる不名誉な称号を得ています。14年の『日本エレキテル連合』も、そうならなければいいんですけどね」(芸能記者)

 日本エレキテル連合の中野聡子はこう宣言した。

「我々の代でそのジンクスを断ち切りたい。15年に流行らせるヤツもちゃんと用意しています」

 果たしてジンクスを打破することができるのか!?

(本誌取材班)

週刊朝日  2015年1月2-9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい