認知症の薬は4種類しかないが…専門外の医師が誤診する可能性

病気

2014/12/01 07:00

 今、認知症診療の現場で問題になりつつあることの一つが、薬の処方だ。適切な薬が処方されていなかったり、認知症患者では飲めないほどの多数の薬が処方されていたりする。こうした不適切な診療により本来の認知症では起こらない症状が現れ、患者や家族を苦しめる。

あわせて読みたい

  • 「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む

    「認知症」に効果がある漢方薬とは? 幻覚、妄想への有効性、研究進む

    週刊朝日

    4/10

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療

    週刊朝日

    4/16

  • 「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    週刊朝日

    1/21

    老化による“物忘れ” 病院での早期診断で認知症発見も

    老化による“物忘れ” 病院での早期診断で認知症発見も

    週刊朝日

    2/8

  • 睡眠薬・抗不安薬、高齢者が「廃人」になるリスクも…医者が処方する裏事情

    睡眠薬・抗不安薬、高齢者が「廃人」になるリスクも…医者が処方する裏事情

    AERA

    2/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す