認知症治療中の記者が国際会議に登壇後、真っ青になった理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

認知症治療中の記者が国際会議に登壇後、真っ青になった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボケてたまるか!

62歳記者認知症早期治療実体験ルポ

amazonamazon.co.jp

 国際的な認知症サミットの後継イベントが東京で開かれ、そのオープニングスピーチを依頼された本誌記者の山本朋史(62)。「ボケてたまるか!」の連載を、イベント準備委員が読んだことがきっかけだった。ボケの恐怖に脅える記者に降ってわいた、緊張と失敗の「番外編」とは。

*  *  *
 開会して最初のスピーチは厚生労働省の老健局長だった。3人目は福島第一原発事故の国会事故調査委員会の委員長を務めた黒川清・政策研究大学院大学教授。この人の英語スピーチが見事だった。ぼくは同時通訳のイヤホンを日本語に合わせて聞いたのだけれど。

 ぼくの前が隣の世界保健機関(WHO)精神保健部長、シェカール・サクセナさんだ。ここまでくると他人のスピーチを聞いている余裕などない。ぼくはスピーチ原稿をもう一度読み返して、どこでジョークを入れるか確認した。司会進行の女性がぼくを紹介した。会議場正面にはぼくの写真が映し出された。

 ぼくは原稿を入れたiPadと週刊朝日を持って登壇した。自己紹介のときには週刊朝日を掲げて、

「週刊朝日という雑誌の記者をしています。昨年12月に軽度認知障害と診断された患者でもあります」

 挨拶の次はジョークだ。

「昔から童顔で中年不良のように見えますが、もう62歳のジイさんです」

 本当はがきデカと言うつもりが、外国人には理解できないと思って変えた。会場はシーンとなった。笑いがとれない。すべった――。

「仕事でインタビューをすることが多いのですが、60歳を過ぎてから漢字を思い出せず、ひらがなばかりでまともなメモが取れなくなりました。取材日程のダブルブッキングも多く、自分が壊れていくと思い、筑波大学の朝田隆教授のもの忘れ外来に駆け込みました」

 ここで会場内に笑いが起きた。同時通訳なのでよくわからないが、「自分が壊れる」に反応したようだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい