織田家第18代当主「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として生き残る」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

織田家第18代当主「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として生き残る」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 日本人で知らない人はいないであろう織田信長。今では人気の武将として知られるが、織田家第18代当主・織田信孝(のぶたか)氏は「人気が出すぎ」だと指摘する。

*  *  *
 うちは、織田信長の子孫の中でも、次男・信雄(のぶかつ)が先祖になる直系の子孫です。

 信雄は、本能寺の変で信長と後継者だった兄の信忠が亡くなったあと、弟の信孝と争い勝利します。その後、台頭する秀吉に対して、家康と手を結び小牧・長久手の戦いを起こしますが、結局秀吉と和睦。以降は秀吉に従いました。大坂の陣では、家康側につき、大和松山(奈良県宇陀市)を与えられました。

 大和松山藩は五男の高長が継ぎ、信長から6代目の信休のときに、兵庫県丹波市にあった柏原(かいばら)藩に移りました。僕で18代目です。

 織田家では、2系統4家が大名として江戸時代も生き残ります。信雄系が、うちの柏原藩と天童藩(山形県天童市)。信長の弟・有楽斎(うらくさい)の系統では、柳本藩(奈良県天理市)と芝村藩(奈良県桜井市)があります。どの織田家も似たり寄ったりの規模ですが、柏原藩は2万石しかありません。小さく細々とやってきました。

 僕の曾祖父・信親(のぶちか)のときに明治維新がありました。信親は新政府軍について、自ら兵を率いて戦に出たと聞いています。

 祖父の信大(のぶひろ)は、東京美術学校(現・東京芸大)を出て、白木屋(現・東急百貨店)という百貨店の美術部で働いていたそうです。祖父の代までは、東京・恵比寿に2千坪の屋敷がありました。今も残っていたら、もっと楽ができたのかもしれません(笑)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい