理研改革委員長「決断できなかった野依理事長の責任は重い」

STAP細胞

2014/08/14 07:00

 STAP細胞論文の責任著者のひとりで理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)幹部の笹井芳樹氏(52)が小保方晴子氏(30)らに遺書を残し、自殺した。この事態に、理研改革委員長の岸輝雄(東大名誉教授)氏は「野依理事長の責任は重い」という。

あわせて読みたい

  • 理研・笹井氏自殺 気に病んでいた「笹井ビル」の行方

    理研・笹井氏自殺 気に病んでいた「笹井ビル」の行方

    週刊朝日

    8/15

    STAP問題に幕 理研に「チャンス閉ざした」の声

    STAP問題に幕 理研に「チャンス閉ざした」の声

    AERA

    2/16

  • 小保方さん絶体絶命 笹井氏更迭に大ショック

    小保方さん絶体絶命 笹井氏更迭に大ショック

    週刊朝日

    6/18

    前調査委員長の研究不正もみ消しか 小保方さんを切り捨てた理研の隠ぺい体質

    前調査委員長の研究不正もみ消しか 小保方さんを切り捨てた理研の隠ぺい体質

    週刊朝日

    5/15

  • 「元気ではないけど、生きています」自殺直前、行方不明になっていた笹井氏のメール

    「元気ではないけど、生きています」自殺直前、行方不明になっていた笹井氏のメール

    週刊朝日

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す