認知症の訪問看護で得られるのは「信頼関係」 医療費削減に医師が異議

介護を考える

2014/07/29 07:00

 4月の診療報酬改定で、認知症の患者は保険を利用し、精神科の訪問看護を受けられなくなったという。医療法人心清会理事長で精神科医の川﨑清嗣医師は、この件に関して異議を唱えている。

あわせて読みたい

  • 認知症の薬は4種類しかないが…専門外の医師が誤診する可能性

    認知症の薬は4種類しかないが…専門外の医師が誤診する可能性

    週刊朝日

    12/1

    多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    多発する高齢者の「入院で悪化」 病院は対策とれず…

    週刊朝日

    10/3

  • 夫婦で認知症でも在宅で…「在宅医療」がよい理由

    夫婦で認知症でも在宅で…「在宅医療」がよい理由

    週刊朝日

    5/8

    医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    dot.

    11/4

  • コロナ禍で増加の「在宅療養」 幸せな生活送るためのサービスは?

    コロナ禍で増加の「在宅療養」 幸せな生活送るためのサービスは?

    週刊朝日

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す