子どもの病気ではない? 加齢で進行する「斜視」の治療法

2014/07/27 07:00

 東京都在住の主婦、森明子さん(仮名・48歳)は、20歳ごろから、鏡を見ると右目の黒目が外側にずれていることがあった。たまのことで意識すれば戻せるので心配はしていなかった。30歳を過ぎると、人から「どこを見ているの?」と聞かれることがあったが、子育てが忙しくそのままにしていた。

あわせて読みたい

  • 目がかすむ、ぼやける、考えられる病気は? 「疲れ」「加齢」ではない病気に注意!

    目がかすむ、ぼやける、考えられる病気は? 「疲れ」「加齢」ではない病気に注意!

    dot.

    4/2

    スマホ見すぎで「内斜視」の子どもが増加 進行するとものが二重に見える「複視」になるリスクも

    スマホ見すぎで「内斜視」の子どもが増加 進行するとものが二重に見える「複視」になるリスクも

    AERA

    6/26

  • 眼の健康法、実は間違いだらけ? 眼科医に聞く「本当に効果がある」アイケアとは

    眼の健康法、実は間違いだらけ? 眼科医に聞く「本当に効果がある」アイケアとは

    週刊朝日

    4/20

    失明危機! 突然視野が欠ける「眼底出血」の“恐怖”

    失明危機! 突然視野が欠ける「眼底出血」の“恐怖”

    dot.

    9/15

  • 眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由

    眼の水晶体は鰹節の硬さに? 「白内障」が高年齢ほど高リスクな理由

    週刊朝日

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す