「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?

原発

2014/05/14 11:30

 福島県での取材から帰ってきた山岡士郎。ひどく疲れやすくなっていたが、ある夜突然、鼻から血が……。人気漫画「美味しんぼ」の描写が物議をかもしている。掲載は4月28日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で、タイトルは「福島の真実篇その22」。福島第一原発を取材した主人公の新聞記者・山岡が、疲労感を訴えた後に鼻血を出す。福島県双葉町の前町長も実名で登場し、「福島では同じ症状の人が大勢いる」と言う。放射線の影響だと思う読者も多いだろう。

あわせて読みたい

  • 『美味しんぼ』の鼻血描写は本当に真実を描いているのか?

    『美味しんぼ』の鼻血描写は本当に真実を描いているのか?

    BOOKSTAND

    5/9

    美味しんぼ鼻血描写は

    美味しんぼ鼻血描写は"福島の真実編"ではなく"福島の差別編"

    BOOKSTAND

    5/12

  • 室井佑月「何を言っても『風評』と言われるのがオチ」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「何を言っても『風評』と言われるのがオチ」

    週刊朝日

    5/28

    美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    週刊朝日

    4/9

  • 広瀬隆「即刻、全原発廃炉しかない」 除染作業が続く現実 #あれから私は

    広瀬隆「即刻、全原発廃炉しかない」 除染作業が続く現実 #あれから私は

    週刊朝日

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す