シンクタンク研究員「東京都の出生率1.1はひどい」 少子化対策で田舎に住む?

出産と子育て

2014/05/04 07:00

 少子高齢化、「ものづくり大国」の崩壊、進まぬ東日本大震災からの復興、消費増税による家計圧迫――。暗いニュースばかりが気になるが、日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏(49)は、既に過疎地にこそ日本の明るい未来への可能性が見えているという。

あわせて読みたい

  • 高齢化は地方より首都圏の問題? 「過疎地のほうが少子化対策は容易」

    高齢化は地方より首都圏の問題? 「過疎地のほうが少子化対策は容易」

    AERA

    2/17

    京大・柴田准教授が「マツコ案」試算 7兆円でできる子どもの教育、医療費全額無料

    京大・柴田准教授が「マツコ案」試算 7兆円でできる子どもの教育、医療費全額無料

    週刊朝日

    4/28

  • 限界国家ニッポン この国は巨大な「限界集落」だった…

    限界国家ニッポン この国は巨大な「限界集落」だった…

    週刊朝日

    7/28

    50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    50年後には人口9千万人以下に! 人口減少より怖いあの問題

    dot.

    11/21

  • 浜矩子「グローバルになりつつある出生率低下は子どもを喜べない社会に原因がある」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「グローバルになりつつある出生率低下は子どもを喜べない社会に原因がある」

    AERA

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す