生物学者・池田清彦教授「人類の一部は自然を前に自惚れている」

池田清彦

2014/04/26 07:00

 ボルネオ島で昆虫採集をしてきた生物学者の池田清彦早稲田大学教授。野生の中で暮らしてきたはずの人類は今、国家や貨幣が実在する“観念”の中で生きているという。

あわせて読みたい

  • 池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    池田清彦教授 フランスの“虫取り放題”のキャンプに感動

    週刊朝日

    4/5

    桜の花をちぎり取ったのは誰!? 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

    桜の花をちぎり取ったのは誰!? 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」

    tenki.jp

    3/21

  • 西表島  大自然が残っているにも関わらずなぜか昆虫が少ない?

    西表島 大自然が残っているにも関わらずなぜか昆虫が少ない?

    週刊朝日

    5/11

    生物学者の池田教授 「多くの人々が自ら進んで家畜に成り下がっている」

    生物学者の池田教授 「多くの人々が自ら進んで家畜に成り下がっている」

    週刊朝日

    10/30

  • 蛾界のスーパーアイドルグループ・SMGこと『スズメガ』はタレント揃い!

    蛾界のスーパーアイドルグループ・SMGこと『スズメガ』はタレント揃い!

    tenki.jp

    5/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す