アンドリュー・ガーフィールド スパイダーマンより“冴えない高校生”が素に近い? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アンドリュー・ガーフィールド スパイダーマンより“冴えない高校生”が素に近い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 3度目の来日。少年のような眼差しで、日本の歴史や文化をもっと知りたいと話すアンドリュー・ガーフィールド。でも、今回はお預けのよう。今や彼は世界の「スパイダーマン」なのだ。

 2012年にキャスト・スタッフを一新して大ヒットした映画「アメイジング・スパイダーマン」の第2弾が公開される。冴えない高校生だったピーターが、街のヒーロー・スパイダーマンとして新たな強敵と対峙する。

「ある時はニューヨークを守るためのアクションを演じ、次の日はラブシーン、次は人間として成長するシーンを撮る。日々がチャレンジングだった」

 どちらのキャラクターに近いか聞くと、「ピーター」と即答。

「自分はピーターだとずっと思いながら少年時代を過ごしましたし、今も自分が何をやるべきかわかっていなくて、色んなことを考えながら生きている。そういう意味で非常に似ています」

 少し、照れ臭そうに笑った。

週刊朝日  2014年4月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい