田原総一朗 小保方騒動の「ドロ仕合」を招いた理研の大失敗

ギロン堂

STAP細胞

2014/04/16 07:00

 STAP細胞の論文問題で理化学研究所の研究ユニットリーダー、小保方晴子氏が会見をした。それを見たジャーナリストの田原総一朗氏は、小保方氏一人の責任を強調する理研には、とある思惑があるのではないかといぶかしむ。

あわせて読みたい

  • 小保方さんよ、どこへ行く 自腹ホテル会見は“就職活動”?

    小保方さんよ、どこへ行く 自腹ホテル会見は“就職活動”?

    週刊朝日

    4/17

    STAP細胞疑惑 “チーム小保方”の逆襲はあるか?

    STAP細胞疑惑 “チーム小保方”の逆襲はあるか?

    週刊朝日

    4/9

  • STAP細胞できず「死にそうな細胞の光」と勘違い?

    STAP細胞できず「死にそうな細胞の光」と勘違い?

    AERA

    12/22

    前調査委員長の研究不正もみ消しか 小保方さんを切り捨てた理研の隠ぺい体質

    前調査委員長の研究不正もみ消しか 小保方さんを切り捨てた理研の隠ぺい体質

    週刊朝日

    5/15

  • STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?

    AERA

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す