壇蜜が自分の「大根」&「音痴」ぶりを指摘 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

壇蜜が自分の「大根」&「音痴」ぶりを指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
3600枚の撮影写真から厳選された“珠玉”の53枚も新刊で楽しめる(撮影/写真部・時津剛)

3600枚の撮影写真から厳選された“珠玉”の53枚も新刊で楽しめる(撮影/写真部・時津剛)

 壇蜜(33)の勢いが止まらない。ドラマやCMなど、ほぼ毎日のようにお姿を拝見。初のフォトエッセー『はじしらず』(朝日新聞出版)も出版したご本人が2013年を振り返る。

「体調のすぐれない日もあり、寄る年波には勝てないと実感した一年でした。それでもファンの皆さんの声援で、粛々と仕事を続けられたと思います」

 感謝の言葉につづいて、こんな自己分析も。

「そもそも私、自分はテレビに映ってはいけない人間だと常に感じているんです。PTA的な視線で自分を見ているんでしょう。私に寄せてくださる賛否では、むしろ『否』のほうに共感してしまいます」

 とはいえ、「半沢直樹」(TBS)への出演など仕事の幅を広げるとともに、支持も広がった一年だったのでは?

「仕事は、自分の希望より、ファンの方々やスタッフが考える『壇蜜にさせたい仕事』を優先させました。すると、いつも“残念”な結果に終わる。『半沢直樹』での演技は下手ですし、『2013 FNS歌謡祭』(フジテレビ)で歌わせてもらっても音痴。でも、皆さんが、ダメな姿を喜んでくださるんだとわかった一年とも言えますね。フォトエッセーは『ダメ人間』の自分を素直に出せたと思っています。文章も自分で書きました」

 そして究極のひとこと。

「歯を磨けば、この歯磨き粉もファンの方々に買ってもらったと実感する日々。私が不要になれば、いつでも身を引く覚悟です」

週刊朝日  2014年1月3・10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい