村上誠一郎議員が吠えた「谷垣法相、大島前副総裁が去り、振り向けば一人」

特定秘密保護法案

2013/12/05 07:00

「悪法」と言われる特定秘密保護法案が、11月26日夜、衆院をついに通過。今国会での成立が確実な情勢となった。衆院採決の際、自民党でただ一人賛成しなかったのが村上誠一郎元行革担当相(61)だ。法案が国会に提出される前の10月22日、党の総務会でも反対を主張、また26年前、同党が目指したスパイ防止法案(廃案)でも反対を唱えた筋金入りだ。造反したワケを大いに吠えた。

あわせて読みたい

  • 「権力闘争」から「忖度合戦」へ…派閥がなくなって、自民党から失われたものとは?

    「権力闘争」から「忖度合戦」へ…派閥がなくなって、自民党から失われたものとは?

    AERA

    6/22

    安倍一強は小選挙区のせい? チルドレンもベテランも沈黙

    安倍一強は小選挙区のせい? チルドレンもベテランも沈黙

    AERA

    6/23

  • 首相に1人で抗う自民党議員「歌を知らないカナリアいる」

    首相に1人で抗う自民党議員「歌を知らないカナリアいる」

    AERA

    6/1

    自民党はなぜ右傾化したのか? 安倍首相の軌跡から考える

    自民党はなぜ右傾化したのか? 安倍首相の軌跡から考える

    AERA

    9/12

  • 自民現職唯一の反対派が吠える「高村、谷垣両氏とは議論にならない」

    自民現職唯一の反対派が吠える「高村、谷垣両氏とは議論にならない」

    週刊朝日

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す